綿花の繊維について【勉強会1】

社内で勉強会を始めました🤓

『1回目』の内容はこちら ↓↓↓

綿花🌱の産地は

中国・ インド・アメリカ が代表的な産地で

その中でも35㎜以上のものを

超長繊維(ちょうちょうせんい)】と呼び

全ての綿花の中の約5%しか

採取されない貴重なものです。

有名なのは中国の【新疆綿(しんきょうめん)

アメリカの【スーピマ綿(またはピマ綿)】で

柔らかく肌あたりが良い生地になります。

また、綿はいろいろな産地のものを

不規則な割合でまぜ【混打綿(こんだめん)

として使う事があり、

それぞれの綿花の油の含有量が違うため

染色に差が出る事を勉強しました。

※ 重要ワードは【】です♪( ´θ`)

次回テーマは『糸について』です٩( ‘ω’ )و

↑↑↑ 教材は綿花と摘んだ綿でした♡